ワタナベフーマック ギャラクシー WPN-G321

2017年04月12日

ワタナベフーマック ギャラクシー WPN-G321のご紹介です。
小間切れスライスの生産性で問題を抱えているお客様で生産効率改善に大きく貢献する機械です。又、スライス商品の品質と歩留りの向上を実現しています。
肉搭載タンクは幅320mm高さ180mmの大容量で連続投入・連続スライスが可能で、原料肉検知センサーで原料が少ないことをお知らせします。
各生産アイテムの登録もカラー液晶で登録簡単、生産時はメニューから選択することでスライス準備完了です。
清掃は水洗い可能で、作業員2名で約30分です。
排出コンベアは3mが標準ですが、お客様の生産状況に合わせて設計・提案いたします。

生産性の向上は言うまでもなく機械操作に熟練度を必要としないことから、若い作業者様がバリバリ働き、より一層の生産性向上に大きく貢献している事を感じてました。