ワタナベフーマック 連続投入式筋切り機 オートテンダー WTR-A

2016年12月10日

ワタナベフーマック 連続投入式筋切り機 オートテンダー WTR-Aのご紹介です。
上下の筋切り刃(特殊星型刃)の間を材料が通過することにより固いお肉を柔らかくする機械です。
上下の刃物の間隔は自在に変更できるため、商品に適したテンダーライズが可能です。
その他、丸刃が並んでいるスリット刃もオプションで用意されており、この機械一台で豊富な筋切り加工が行えます。
作業者は材料を投入側コンベアに並べるだけで、柔らかくなたお肉が出口側コンベアより排出される構造です。

実労12年間使用した同じくワタナベフーマック社製のオートテンダーの入替更新です。
12年前納入した機械と見た目は大きく変わりませんが、駆動部・軸受部等細部に仕様変更が施されて、より一層信頼度の高い機械となっております。