ミートチョッパー4822スイッチ交換

今回の修理はホバート社製ミートチョッパー4822のスイッチ交換です。

この機械は3相200Vにて動くのですが、スイッチの故障により単相運転となり
モーターが回らなくなっておりました。

スイッチ部のパネルを外しスイッチを新品に交換後、動作確認を行って修理完了です。

今回の修理とは関係ありませんが、4枚目の写真の様に
スイッチガードのピンが脱落(2枚目と見比べて下さい。)していると
スイッチに触れただけで急にスイッチがONになってしまったりと思わぬ事故に
繋がる可能性があるため、ガードが破損されたままお使いの方がおられましたら
交換させて頂きますので、ご一報ください。

関連記事

  1. ロール先ピン交換