ラックリミットスイッチ設置

今回はホバート洗浄機Cl64eの出口側のラックリミットスイッチ設置工事のご紹介です。

このタイプの洗浄機は写真にあるラックを横から投入すると洗われたものが反対側から排出される構造なのですが排出された先に壁などの障害物があった場合でも投入された分はどんどん排出されるため、ラックが詰まってしまうと場合によっては思わぬ事故に繋がる恐れがあります。

そこでこのラックリミットスイッチを設置しておけばラックがスイッチまで進むと自動で洗浄機を停止してくれます。
(ラックをスイッチから取り除くと解除され再作動します。)

今回はセンサータイプの非接触型のスイッチを出口側のテーブルの後方に設置致しました。
(水色の部品がスイッチです。)

テーブル側面に取付穴を開けてスイッチを設置し洗浄機と接続後、センサーが正常に反応するかのチェックをしておよそ1時間弱で作業は完了です。

機械の故障だけでなく、より安全に作業を行うための修理や改善をご検討の方がおられましたら、ご相談に応じさせて頂きますのでご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. 洗浄ポンプ交換

  2. フライト洗浄機コンベア脱落修理

  3. 狭小案件

  4. ヒーター交換

  5. 洗浄機ガスブースター修理

  6. リンスノズル配管交換